スマホバッテリーを長持ちさせたい!そのコツとは?

スマホバッテリー 長持ちスマホバッテリーがすぐに無くなり、困るようなこともありますよね。充電を一日何度もするのも面倒なものです。そんな中でスマホバッテリーを長持ちさせるにはコツがあるのです。そのコツについてお伝えしてきますので、試してみてくださいね。

 

「反応動作」を無効にする

スマホが知らない間に違う画面になっていた…ということはありませんか?それは反応動作が有効になっているからです。この機能については画面を触れば音が出たり振動するため、必要なものではあります。

でも実際にスマホをさわるわけでもないのに、この反応動作をオンにしておくと、触る必要が無い時にも誤作動のようなことが起きてしまいます。そうならないように、触らないような時や必要のない時には反動動作を無効にするようにしておくと、スマホバッテリーが減りにくくなります。

 

不必要なアプリはオフにする

アプリが知らない間にバックグラウンドで動いているような場合もあります。こうなると、スマホバッテリーが減っていく原因になるのです。自分でダウンロードした覚えが無いようなアプリもありますので、これについてはアプリをオフにする必要があります。

使わないアプリが動いていても気が付かない場合は多いです。そのため、現在動いているアプリを確認して、出来るだけ不必要なアプリはオフに切り替えることをお勧めします。

 

節電アプリを使用する

スマホのアプリの中には節電が出来るようなものもあります。このアプリを使えば、節電が出来るので、バッテリーの減りも今までよりも改善出来るでしょう。こういう便利なアプリは調べると色々な種類があります。

口コミなどを調べると、使いやすいアプリを見つけることが出来るでしょう。節電アプリを使ったことにより、充電回数が減るメリットがあるためここでうまく活用するようにしたいですね。

スマホの充電ばかりしていて困っている友達には、使って便利な節電アプリを教えてあげるのも良いでしょう。

 

まとめ

使っていなくても意外と電池は消費されています。

こまめにいらないアプリは削除していく方がよさそうです。

スマホバッテリーを長持ちさせたいけれど、細かい設定を調べるのも面倒…と思う人が少なくないのです。そのため、仕方なくそのまま充電をして使い続けているのが現状です。

このような方法以外にも、使わない時にはGPS機能をオフにしたりして、自分なりにスマホバッテリーを長持ちさせるようにしましょう。いざという時に、バッテリーが…と慌てなくて済むようにしたいですね。

ggg

関連記事