斎藤一人「人間関係とは言葉のやりとり」言葉って本当に深いなぁ・・・

「人から愛される人」をじーっと観察していると、あることに気が付きます。

それは…、「話す言葉が魅力的なこと」。

愛される人は、愛される言葉を使っている。

このことにつきると、一人さんは思うのです。

では、「魅力的な言葉」とは、どんな言葉をいうのでしょうか?

ちょっと具体的にあげてみましょう。

〇愛のある、明るい言葉

〇聞いていて、自分も相手も、うれしくなっちゃうような言葉

〇さりげないんだけど、思いやりがこもった言葉

〇思わず「ふふふ…」とふきだしちゃうような、ユーモアのある言葉

〇この言葉を聞くと、「よし、やるぞ!」と、やる気が満ちてくるような言葉

〇押しつけがましかったり、上から目線ではなくて、さわやかで心地のいい言葉

こんなふうな言葉をしゃべっている人って、すごく魅力的ですよね。

「魅力的な言葉」が使えると、非常に便利なものです。

何かトラブルやピンチにあったときも、たったひと言で、切り抜けることができます。

緊迫した雰囲気の中でも、ちょっと機転のきいたことを言うだけで、その場の雰囲気がふっとなごむことがあります。

魅力的な言葉を話せる人は、それだけでツキを持っている。

まさに「言い方上手」は「生き方上手」だといえるでしょう。

言葉というのは、その気になれば、誰もがタダ(ゼロ円)で変えることができるものです。

ところが、「言い方ベタ」の人は、なぜか素直に「魅力的な言い方」を学ぼうとしません。

「言葉なんかで運勢が変わったら、警察いらない」とか、「口が悪いのが、私の個性なんだから、放っておいて」とか言って、開き直ったりします。

そして、いつも人とトラブルを起こして、苦しい人間関係の修業を永遠に続けることになります。

「素直に魅力的な言葉を学ぶ人」と、どんどん差がついてしまうのです。

言葉を魅力的にすると、とたんに運勢がよくなります。

自分の言葉が「運気」を左右していることに気付いた人は、それだけでラッキーなのです。

hiroーsanさんのブログ「人の心に灯をともす」です。最新記事は「奴隷から宰相になった男」です。
より
魅力的な人は、人の気持ちを楽しくさせたり、嬉しくさせるようなことを常に考えている。

どんなことを言ったら、相手が喜んでくれるのかに注意をはらう。

反対に、魅力のない人は、誰と話をしても自分中心にベラベラしゃべり、人のことなど考えない。

そして、相手が傷つくような言葉を平気でいう。

相手がうれしくなるようなとは言葉は、相手の自己重要感を高めてくれるような言葉。

相手のいいところを見つけて、ほめたり、感謝したりする。

『人間関係とは「言葉のやりとり」である』

魅力的な言葉を学びたい。

ggg

関連記事