ヒカキンのボイパの実力はどんなもんなの?ヒカキンの実力を検証してみた【動画あり】

「ヒカキン」の画像検索結果

 

今やyoutubeと言えばヒカキン。ボイパで有名になったと言っても過言ではありませんね!

 

確かにライブとかを見る限り、凄そうだし実際に凄いのかもしれない。

 

ただ、これは素人目にすごいだけで、ボイパをやっている人からすれば、大したことないんじゃ?説がネット上で浮上しています。

 

ということで、ヒカキンの実力がいかほどのものなのか、検証していきたいと思います。





ヒカキンのボイパの実力は?

 

まずはヒカキンのボイパを見てみましょう。

 

 

やっぱり素人目には「すげぇ・・・っ!」って印象しかないわけですが、ネットでプロの方からの評価や、世界で活躍するビートボクサーと比較をして、冷静に実力を分析してみました。

 

で、分かったのが以下。

 

  • 技の種類は少ない
  • 音の厚みは世界でも通用するレベル
  • 喉ベースは本当に上手い
  • 1つ1つの音が非常に鮮明

 

確かに技の種類は少ないと思います。

 

1つのLive動画を取ってみてもそうですし、他の動画を見ると、よくわかりますが、ほとんど同じことしかやっていません。

 

なので、少しバラエティー性には欠けるかなと思います。




そういえばDaichiとも共演していましたね!

 

無題

 

動画でも頻繁に、コラボしています。

 

彼は、高校卒業後、プロのヒューマンビートボクサーとして活動しているわけですが、ニューヨークにある「アポロ・シアター」というライブハウスで行われた「スーパー・トップ・ドッグ」で見事3位入賞を果たしています。

 

出典:http://www.add7.net/img/apollo1.jpg

 

これがどれくらい凄いことか、いまいちピンときませんよね。





アマチュアのコンテストなんですが、過去にはあのスティーヴィー・ワンダーやベン・E・キングなど超大物スターを数々輩出しているライブハウスでのコンテストなんです!

 

プロへの登竜門とも言われ、ここで入賞するというのはめちゃめちゃ名誉あることなんですよ!?

 

日本人で3位入賞は、Daichiが初のようですね。

 

彼と肩を並べるヒカキンも当然世界レベル。

 

Daichi(およそ50種類)よりも音の種類は少ないですが、厚みではヒカキンのが上です。

 

ヒカキンはYOUTUBEをメインに活動していますが、もし音楽活動に注力していたらさらに凄いことになっていたかもしれませんねっ!!

 

 

次のページで驚愕の世界レベルのボイパをご紹介します!

 

ggg

関連記事