【衝撃の真相】深夜の帰り道で、突然見知らぬ中年女性が親しげに話しかけてきた→少し会話をして、その真相に気付くや否や膝から崩れ落ちてしまった。。。

 

女性の方にお尋ねします。

 

学校や、会社が終わった後、帰路はどのようにされていますか?

 

夜道をひとりで歩いてたりしていませんか?

 

あなたは、今「私は大丈夫~!」と思ったのではないのでしょうか?

 

夜道は危険と認識はしているものの、その危険度は想像以上です。

 

真っ暗な夜道には、想像以上の危険が潜んであるのです。




今回ご紹介したい話は、夜道をひとりで歩いていたある女性の出来事です。

 

では、これから読む文章を語り口調で追っていってださい。

 

私が住んでいる町は繁華街に近い街です。

 

しかし、少し道を外れると人気は一気になくなります。

 

その道には、街灯がポツポツとあるだけでお店は全くなく、深夜帯は一層静けさが増します。

 

私は、飲食店でバイトをしているのですが、帰りはやはり遅くなってしまうことが日常茶飯事で、帰宅毎に怖いなと思いながら帰路についているのは事実です。

 

いつもどおりバイト後に帰路につくとある日の私。

 

歩いていると、突然後ろから、女性に声をかけられました。

 

「あーーーちょっとちょっと!」という甲高い声でした。

 

それと共に、人が走る足音も聞こえてきたのです。

 

夜道に後ろから喋りかけてきた女性の正体に驚愕・・・。衝撃の真相は次のページをご覧下さい!!

次のページへ

 

関連記事