【衝撃の結末】「明るいところまで…」ヒッチハイクの女性を乗せた結果⇒羨ましすぎる・・・。

 

 

これは結構昔のヒッチハイクが流行った頃の話なんですが、

 

ドライブが趣味でよく仕事終わりに一人で車を走らせていました。

ある日、夜の峠道を走っていたとき、

 

途中で人影を見つけ止まったところ、

 

 

「北海道」と書かれたダンボールを持った女性が立っていました。




たまたま開けた路肩だったので、

 

停めたらその女性は走り寄ってきました。

俺「こんな時間に大丈夫?」
女「すいません、明るいところまででいいので乗せてもらえませんか?」

事情を聞いたら、

 

どうも乗せて貰った相手に中腹まで連れてこられて降ろされたと言っていました。

話を聞いていましたが、段々怖くなったのか泣き出してしまいました。

そりゃ危ない目にあってもおかしくなかったもんなぁ・・・

 

なんと名古屋からずっとヒッチハイクで移動してきて

 

ここまで辿り着いたが、目的地は北海道の自宅との事でした。

まぁこれも何かの縁かと思って、

 

そのまま自宅まで送っていきました。

時間も時間だった為、自宅まで送ったら早々に帰ってきました。

別れ際に、後日お礼がしたいからと連絡先を聞かれましたが、

 

断ったものの押し切られ名刺を渡して帰りました。

 

その後日、彼女から連絡が・・・。

 

次のページへ

 

関連記事