【※涙腺崩壊】浮気した嫁と「子供が自立するまで離婚しない」と始めた『仮面生活』。娘の高校卒業と共に離婚しようとしたのだが...

 

妻との出会いは社会人一年目、

 

 

23歳のときだった。

 

 

 

会社の近くのレコードショップをぶらぶらしていると、

 

 

熱心にCDを見ている女性がいた。

 

 

 

それが妻だった。

 

 

 

しかし、まぁ初対面。

 

 

 

というより対面ですらなく、

 

 

俺も一目惚れとかそんなロマンチックなものはなかった。

 

 

「この人、俺と似たような音楽聴くんだなぁ」

 

くらいにしか考えていなかった。

 




 

その後も何度かそのショップに通ったのだが、

 

 

頻繁に彼女を見かけた。

 

 

 

その度に彼女の手にとっているCDが、

 

 

自分の趣向に近いものだったので嬉しくなり、

 

 

ついに何度目かで彼女に話しかけることにした。

 

 

 

ちなみにその時点では下心も恋心も全くない。

 

 

俺「そのバンド良いですよね」

 

 

嫁「えっ?あ、はい」

 

 

俺「突然すみません。

 

音楽の趣味が合いそうだったので」

 

 

嫁「いえ。あの、ときどき来られてる方ですよね?」

 

 

俺「ああ、バレてましたか」

 

 

そんな感じで軽い会話を交わした。

 

 

 

それが初対面だ。

 

俺「あの時間あれば食事にでも行きませんか?

 

もっとあなたと話したいです」

 

 

嫁「えっ?あ、あの...」

 

 

俺「ダメですかね...?」

 

 

嫁「い、いえ...お願いします」

 

 

歯切れの悪い彼女を見て、

 

 

「まさか、俺はデートのお誘いを

 

してるようなものなんじゃないか?」

 

 

と恥ずかしくなったのを覚えている。

 

 

 

ちなみに後に妻から、

 

 

「男の人に誘われたりしたのが

 

初めてだったから恥ずかしかった」

 

 

と言われた。

 

 

 

食事の時間はとても楽しかった。

 

 

 

彼女は饒舌ではなかったが、

 

 

俺の話を良く聞いてくれて笑顔も見せてくれた。

 

 

 

その笑顔があまりに魅力的で、

 

 

俺は彼女に恋をしてしまっていたんだ。

 

次のページへ

 

ggg

関連記事