【衝撃の結末】コンビニで強盗「金出せ!」⇒俺「俺、族の副隊長だが?」とハッタリをかました結果・・・予想外の結末に・・・。

 

 

ある青年がコンビニでバイトをしていた時に実際に

 

起こった衝撃的なエピソードをご紹介したいと思います。

 

深夜コンビニでバイトしていたら、ニット帽、サングラス、マスクと

 

いかにもという風貌の客がきた。

 

そいつは店内をフラフラと回った後、俺に凶器を向け「金を出せ!」と言ってきた。

 

俺はその瞬間、この凶器はふかしだ、刺すことはないさと思い、強盗に対して強気な態度に出た。

 

俺「おい、テメー誰に向かってエモノ向けてんだこらぁ!俺に喧嘩売るってことはそれなりの覚悟はあるんだろうな?」

 

強盗、予想外の反応だったのか一瞬たじろぐ。

 

俺「俺はこの辺まとめてる鬼族っつー暴走族の副総長よ。そんでも俺に喧嘩売るのか?」

 

俺は大好きな加瀬あつしの作品のイントネーションをまねて、ホラを吹きまくったw

 

 

この後、事態は急変し衝撃の展開を迎えることとなる・・・。

次のページへ

 

ggg

関連記事