小学生の俺『学校でも家でもボッチ。どうせなら夕飯は外で食べてみよう!』 → 作った料理を持って空地へ → そして俺はホームレスと飯を食うようになった・・・

当時、俺は小学生4年生

父は俺が生まれてすぐ事故でタヒんだ

だから母と二人で生活してたんだけど

母は生活のために朝から晩まで働いてたから

家庭での会話なんて一切なかった

おまけに学校でもぼっち

でもイジメられてたわけじゃなくて

田舎だったせいか、片親ってだけで仲間に入れて貰えなかったんだ

何か腫れ物を扱うようなカンジ

それを子供ながらに感じ取ってたのか、自分からもあえて友達を作ろうとはしなかったんだ

次のページへ

関連記事