【衝撃】自分が難病にかかっていると知った彼女が彼氏に取った行動に唖然・・・←自分だったらここまでのことは絶対にできない。。

女「もう講義終わりましたよ?」

男「あ、ああ」

・・・外を見ていた。

空はいつのまにか茜色をしていた。

時計を見ると5時近い。

講義はとっくに終わっていたようだ。

3階41講義室に残っているのは、オレと、オレに話しかけてきた女だけだった。

男「あ、すみません。ちょっとボーっとしてました。もう帰るんで」

女「あの・・・余計なお世話かもしれませんけど、そのまま外にはいかない方がいいと思いますよ」

男「えっ?」

次のページへ

ggg

関連記事