「大嫌いだから…」美人の幼馴染がいる俺。ケンカばかりだったがずっと側にいると疑わなかった…→2人を待っていた衝撃の末路とは…

四月。桜の舞う季節。

別れが終わり、出会いの始まる季節。

幼馴染「…おーい、男君」

男「…んー?」

幼馴染「また考え事してたでしょ!」

男「んー、まあな」

幼馴染「もー、だめじゃん!横にこんな美少女がいるのに気分は上の空なんてさ!」

男「まあまあそうカリカリするなよ、今度お前に見せようとしてる小説の出だしを考えてたんだ」

幼馴染「え!?どんなどんな!?きかせてきかせて!」

男「いやいやだめだめ、出来上がってからのお楽しみだ」

次のページへ

ggg

関連記事