この話は十数年にも渡り自分と現妻や実兄、町をも巻き込み、恐怖のどん底に引きずり込んだ実話です。

かなり長い上に、自分が書き込みに慣れてない為、読みにくい部分もあると思いますがご容赦下さい。

 

全ての始まりは小学三年生の時でした……

 

兄と兄の友達三人に誘われて、この町で大人たちから『絶対に近づくな』ときつく言われていた場所に、内緒で行く事になりました。

 

その場所とは、今は誰もいない寂れた神社で、子供ながらにかなり不気味で嫌な感じがしました。

 

本当は乗り気ではなかったのですが、兄たちに半ば強引に誘われる形で行く事になり、仕方なく行くといった感じでした。

 

決行当日の昼に、自分と兄は少し様子見に現地に行きました。

 

するとその場所に、最近この町に町役所だか町長だかから仕事を頼まれてやって来たらしい、二十代半ばくらいの男小生がいて、

 

「君達、ここには何があっても絶対に来ては駄目だよ、近づかない方がいい。早く戻るん

 

次のページへ

ggg

関連記事