【※悲報】僕「好きなんだ!」女「私はいつか帰らないといけないの…」女の意味深な一言から衝撃の展開に発展し…

 

僕「僕は……君の事が好きなんだ」

 

女「……」

 

少しだけ肌寒い風が吹いている八月の夜。

 

夜が始まったばかりの空には、キラキラと瞬く無数の星が、僕たちを見つめている。

 

空っぽの気持ちで空を見つめていた僕は……この告白が成功するとは正直思っていなかった。

 

ネガティブな考えでこう言っているのではない。

 

彼女は……。

 

誰から告白をされても、絶対に付き合ったりはしない。

 

僕はそれを知っていたから。

 

次のページへ

ggg

関連記事