セ❍レAからメール『熱があります。助けに来て下さい』俺『OK』Aが汗が出て気持ち悪いと言うのでネ果にして身体を拭いた。その時、ふと気づくとA母がいた。その結果..

流れを読めずに修羅場度合いは低いのだが投下、

 

俺:大卒会社員2年目、

 

A:俺のセ❍レ、俺と同じ中学同じ高校、地方公務員2年目、本仮屋ユイカ似、

 

俺の行った高校はその地域でギリギリ進学高扱いされる程度の所だった。

 

それなのに何故か中学の時学年トップを争っていたAが入学してきた。

 

そして当然Aは高校でも学年1の秀才だった。

 

俺は高校の時バスケ部のエースだったため当然可愛い巨ぱいおつ彼女がいた(肉体関係アリ)。

 

Aとの関係は試験の前に出るところをまとめたノートを貸してもらっていたが

 

ただそれだけでろくに話もしなかった。

 

俺は現役でやっとこさMARCHに合格して花の東京生活を始めた。

 

次のページへ

ggg

関連記事