【実話】無人島に女が一人で男32人が6年間過ごした結果がヤバい・・

孤島に女1人と男32人。アナタハン島で起こった、女をめぐっての殺し合い

 

戦中から戦後にかけて、太平洋の小島・アナタハン島に

日本人の女が1人と男が32人取り残されてしまった。

軍に救助されるまでの6年間、女をめぐっての

殺人や行方不明者が相次いだ。

サイパン島から北の方へ約117kmの場所に位置する

「アナタハン島」。

太平洋・マリアナ諸島の小島である。

長さは約9km、幅は約3.7kmの小さな島で、

島の中心部はジャングルになっている。無人島ではない。

終戦間近の昭和19年(1944年)、

当時この島には日本企業である「南洋興発」が進出しており、

ここでヤシ林を経営していた。

比嘉和子(ひか – かずこ)(24)はこのアナタハン島に住んでいた。

和子の夫・正一が南洋興発の社員であり、

アナタハン島に転勤になったためだ。

島にいる日本人は、比嘉和子と夫の正一、

そして夫の上司である中里(仮名)の3人。

この当時和子は、夫と同居はしていたものの、

夫の上司である中里とも夫婦同然の関係となっていた。

そしてその他に、島に元からいる原住民が45人ほど住んでおり、

中里や和子の夫は、この原住民たちを雇って農園を経営していた。

次ページへ続きます

ggg

関連記事