【自己犠牲】繁華街で転んで…目覚めるとべっどの上。→看護師『あ!』医者『あなたは2年間も意識を失い、妹さんだけが延命を希望しました。』衝撃の展開が・・

25歳の頃、繁華顔を普通に歩いていて転んだ 

 

「アイタタ」と思って目を開けたら

 

病院のベッドで寝ていた 

 

気づいたら身体が動かないし声も出ない

 

私はパニクってしまったが、どこかで

 

「転んで気絶して病院」と思ってはいた

 

看護師がきて「あ!」と一言だけ言って

 

部屋を駆け足で去っていった 

次ページへ続きます

ggg

関連記事