「※衝撃」死刑囚の最後の言葉。凶悪犯罪を犯した極悪人たち8選

極悪非道な犯罪を犯し死刑が執行された死刑囚。彼らは最後どんな言葉を残したのでしょうか。

 

宮崎勤死刑囚。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件とは、

1988年から1989年にかけて東京都北西部および

埼玉県南西部で発生した、幼女を対象とした

一連の事件である。

この事件は、4歳から7歳という

低い年齢の女児が被害者となり、

犯行声明を新聞社に送り付ける・野焼きされた

被害者の遺骨を遺族に送りつけるなどの、

極めて異常な行動を犯人が取ったことから、

欧米を中心に多発する児童への性的暴行を

目的とした誘拐・殺害事件などとの比較も行われ、

戦後日本犯罪史上にて初めてプロファイリングの

導入が検討された。

特異性が強い事件であったため、

事件発生当初から激しい報道合戦が繰り広げられ、

後に犯人の父親が自殺したことで

「メディアスクラム」をはじめとする

報道のあり方が疑問視された事件でもあった。

宮崎は公判において、

「犯行は覚めない夢の中でやった」

「ネズミ人間が現れた」

「俺の車とビデオを返せ」など、

不可解かつ身勝手な発言を繰り返していた。

 

あのビデオ、まだ途中だったのにな…

rankingshare-c39bee50958611e496b806cfc7d1632bddcb323c3032c240fa

連続幼女誘拐殺人事件を起こした宮崎勤死刑囚。

入っていた刑務所の独房ではビデオ鑑賞が許されており、

死刑執行の朝に

「あのビデオ、まだ途中だったのにな…」

と言い残したそうです。

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

次ページへ続きます