【修羅場】彼男「ごめん、すぐ家に来て」→玄関には鍵がかかっておらず、まるで泥棒が入ったかの如く、部屋中が荒れていた・・・彼男から話を聞いてみると

2018年3月14日

私・・・・・社会人 販売員 
彼男・・・大学3年生 コンビニバイト
彼女・・・大学3年生

(多分・・・)

 

当時働いてた所のすぐ近くにあったコンビニで

ロンブの亮と香取慎吾を足して

2で割ったような彼男に一目惚れ。

彼男がバイトしてないとき、

他の店員さんにそれとなーく聞いてみると

どうやら彼女がいるもよう orz

しかもしょっちゅう、店に顔を出してるって事でした。

彼女もちでイケメン・・。

自分なんか相手にしてもらえないと半ば諦めながら

日増しに想いは募る一方。

気づけばちょこちょこコンビニに足を運び

ジュース買ったりしてました。

もちろん、私的な会話などなく、普通のやりとりのみw

そんなある日、私が買ったあるものがきっかけで

彼の方から声をかけてきたのです。

次ページへ続きます