【アイドル戦国時代】舐めまわせる地下アイドル、中学生(14)のファンサービスが一線を越える。※動画

アイドル戦国時代。

現在、アイドルユニット数は、

コアなファンでもその数を把握することは

出来ず3000以上とも言われている。

地下アイドルとは、

2010年代には、過酷な環境でも活動を可能にしてきたライブアイドルの手法と、

AKB48の影響が相まって「アイドル戦国時代」と呼ばれる、

過当競争を生み出すまでに至っている。

この頃になると、地下アイドルとの呼称は良くない印象が出始め、

またAKB48とその姉妹グループのように、元来はライブ活動中心の

アイドルであっても、メディアに積極的に登場するようになったため、

相対的に地下アイドルの呼称も実情に合わなくなったため、

言い換えとして「ライブアイドル」という呼び方が使われるようになってきた。

また、ライブで会えるアイドルとの意味合いから「リアル系アイドル」という呼び方も存在する[6]

ライブアイドルの中でも活動内容によって細分化されることがあり、

絵恋は、ソロでアニソンやメジャーアイドルのカヴァーをしている「

地底アイドルシーン」と、その上(自らの持ち歌がある)の「地下アイドルシーン」の

二層構造になっている[18]と吉田豪に語っている。

また、ロマン優光は、「自分の音楽や表現をアイドルを通して実現しようという

節のあるアーティスト性のある運営が経営している小規模なアイドル」を

「インディーズアイドル」、「芸能事務所的な立ち位置の運営が経営している小規模なアイドル」を

「地下アイドル」として区別している。

その中で、今回、過激なファンサービスをしている

ユニットが発掘。

その内容は、中学生(14歳)にさせるにはあまりにも酷いと

ネットが炎上!

 

次ページへ続きます

ggg

関連記事