【大切な人】夫に罵声を浴びせ続けて差し出された一枚の紙。全てを受け止め覚悟した私だったが…

結婚生活には、

様々な苦難や苦節が付き物です。

時にそんな幾度と重なる障壁を

超えなければならない事も多く、

中には乗り越える事が出来ずに

離婚を選択してしまう夫婦もいるでしょう…


 
もちろん、全く血の繋がらない見ず知らずの

男女が家族になるわけですから、

共に過ごす時間が長くなればなるほど

マンネリや些細な喧嘩ごともあって当然。
 
私自身も、そんな酷い倦怠期に、

今では反省すべき出来事がありました。
 
その当時、私は毎日の様にピリピリとしていて、

夫とはおはようの挨拶さえもしないと言う

冷え切った状態でした。
 
とは言え、ピリピリしている私に何とか

寄り添おうと夫は優しく接してくれていたと思います。
 
ですが、そんな優しささえもその時は苛立ち、

逆に冷たい態度をとる始末。

正直自分でもその態度やイライラを

止める事が出来ないでいました。
 
批判は承知ですが、振り返ると本当に大バカでした。

そんな自分のつまらない態度が原因で、

大事な最愛の夫を失ってからでは遅かったのですから…

この時期は、少しでもイライラする事があれば

執拗に夫に当たっていたと思います。
 
私の不妊体質のせいで子供を授かる事が出来ず、

夫と二人で生活していたため、矛先は全て夫へ。
 
私のその当時の口癖は、

次ページへ続きます

ggg

関連記事