選抜高校野球で起きた悪質なルール違反…大会存続危機にまで関わる問題だった…

選抜高校野球で起きた悪質なルール違反

選手が1つの白球を一生懸命に追いかける姿に

胸打たれる人も多いと思います。

しかし、そんな真摯な高校野球で大会存続も

危ぶまれるルール違反が起きてしまったのです。

事件が起こったのは

第88回選抜高校野球大会第4日目の

第3試合秀岳館対花咲徳栄戦でした。

4回の秀岳館の攻撃の時に、球審が

二塁走者に対して「サイン盗みの疑い」

があるとして注意をしたのです。

通常、捕手のサインを見て打者に球種や

コースを教える「サイン盗み」

ルール違反とされています。

潔白を訴える秀岳館側と抗議を続ける

花咲徳栄側とで食い違いが生じ、

険悪ムードが漂ってしまいました。

次のページでは実際の動画をご覧ください。

次ページへ続きます

ggg

関連記事