【涙腺崩壊】ある日を境に母が帰ってこなくなった。食事は給食の余り、家賃や給食費はごまかせたけど、水道やガスは止まってしまった。僕と妹は身体を寄せ合って寒さを凌いだ。

うちは母子家庭だった。

 

 

 

僕と妹は6歳違いの兄妹。

 
父を早くに亡くし、母は僕達を養うために

 

 

昼夜問わず必氏に働いていた。

 
母は父を本当に愛していて

 
僕達が寝る前にはいつも父の

 

 

思い出話をしてくれていた。

 
僕達も父性に飢えていたから

次ページへ続きます

ggg

関連記事