男性の胸が膨らむ病気?体が女性化していく・・・(画像あり)

男性の胸が膨らむ病気?

男性なのに胸が膨らんでくる・・・

そんな男性がテレビで紹介されました。

小学生の時から隠し続けていたらしいのですが、

いじめや偏見その苦悩についてテレビで語りました。

原因は何なのか

彼はその異変に気付きながらも

言い出せずに10年間隠していました。

そして大人になった時に

病院に行って精密検査するとその原因は、

高プロラクチン血病

高プロラクチン血症とは、「プロラクチン」という

ホルモンの血中濃度が高くなる疾患です。

正常な成熟女性の血中プロラクチン濃度は

5ng/mL前後ですが、妊娠しておらず、昼間の安静時に行った

採血でプロラクチンの濃度が15ng/mlを超えると、

高プロラクチン血症と診断されます。

ただし濃度については検査キットなどによって異なり、

基準は病院によって異なります。

そもそもプロラクチンとは、出産後に向けて体を作るために、

脳下垂体から分泌されるホルモンの一種です。

母乳を作れるように乳腺を発達させたり、

出産後の育児ができるように子宮収縮を促して

体の回復を早めたりする作用があります。

こうした体作りの一環で、出産後すぐに

妊娠できないように排卵を抑制する働きもあります。

また、プロラクチンは女性だけでなく男性にも

分泌されており、精嚢腺や前立腺といった

性機能の発達にも深く関係しています。

そのため、プロラクチンの血中濃度が高いことで、

男性・女性ともに生殖機能に影響が出ることがあります。

国内患者数は1万2000人いますが

女性が9割を占めており男性の発症は珍しいと言います。

 

次ページへ続きます

ggg

関連記事