嫁の声が震える。もう泣いてるだろうその声は、聞き取るのが難しかったがはっきりと俺の耳にその言葉が響いた。嫁「・・わた・・し。浮気していました」

向こうに着いて一ヶ月が過ぎようとしていた。

毎日のメールと電話は欠かさなかった。

嫁も最初のうちは寂しいよ、

会いたいよの連発だったけど、

それでも一人で考える時間が増えた事で、

電話越しでもわかるぐらい、

大人の考え方がチラホラ出てきていた。

俺はこっちで頑張って、

嫁は嫁で学校を頑張って。

きっと俺達は頑張れる。

大丈夫だと思っていた。

そんな矢先だった・・・。

予感というのかな・・

全然触れてないことなんだが、

俺は人並み以上に勘が鋭い。

特に嫁に関しては、目の動き、仕草、

行動の合理性、非合理性など、その場その場で

嫁が何を考えているのかほぼ当てていた。

嫁からは今でも

「お前はエスパーだ」

と言われる。

少し脱線したが、

俺はその日の朝から嫌な予感がしていた。

虫の知らせとでも言うのか・・胸が痛い。

家に電話をし、換わったことが無いか確認。

特に無し。知人友人にもメールで確認。

やっぱり・・嫁か・・・。

恐らく電話がくるな。夕方だな・・。

そして、その日の仕事が終わって

部屋に着いたのを見計らってか、

嫁からの着信音が鳴り響いた。

次ページへ続きます

ggg

関連記事